昨日、おとといと不調でした。おとといは家の中で黒い影を見てしまうし、(しかも昼間…。一瞬なんだけれどね、はっきりと見ました)

 

黒い影をみたのは体調管理に気をつけなさい、というご先祖様のメッセージかと思いました。子どもも成人していないし、やりたいこと山ほどあるし、まだ死にたくないです。

 

それでおとといは喘息が出て咳が出て気持ち悪い、(毎年この時期になると喘息がひどくなる)しかも天気が悪いせいかケガした足も痛いので、ほぼ寝て過ごし。昨日は歩きとバスで病院に行ってきたせいか(しかも暑い日だった)家に帰ってきて、なんだか身体が熱いな、、、と思ったら37.8℃も熱があるし…。

夕飯づくりは子どもにまかせて、20時には寝ていました。

なんでこんなに不調なんだ。お母さんに何か憑いているじゃない?なんて子どもが言っていたけれど、そんなことない。

 

生きていればいろんなことがあるもんだ。もっとひどい病気じゃなかったので良かった♪骨折も決して軽くはないけれど、1週間でここまで治るのはいいほうだ、と医者も言っていたし、(ここ1か月で医療費が半端なくかかっているけれど、大切な自分の身体のためだもん。必要経費と思うしかない)

 

怪我したのも、日常生活の中での動作に気をつけなさい、というメッセージかもしれない。今の気候に(暑くなったり、寒くなったり)身体がついていかないのも、体調を崩した原因かと思います。

 

今日は人生初のリハビリに行ってきました。

今回の骨折と捻挫、骨は1か月ほどでつくけれど、今までのようにハードな動きができるわけじゃない、とリハビリでも、医者に言われました。(まぁ、当然のことだけど、自分の中ではケガが治ったらすぐに働けると思っていました)1週間経った今でも、軽い足の痛みはあるし、どうしても怪我した足をかばうように、ひょこひょことしてか歩けないし。

 

焦っても仕方ない、もう、なるようにしかならないさ。休まなければならないときは十分に休む。ゆっくり休んで元気になったら、また頑張って働く、それしかないです。