病気になって健康のありがたみが分かること、20代前半の頃一度死にかけているので、身体が何不自由なく動くこと、健康なことは当たり前じゃない、とわかってたつもりでした。

いざ、身体が不自由になると、健康な身体があることは素晴らしいことなんだ、と思いました。

 

と、言うのも、大ケガしてしまったんですね。

 

昨日のブログ記事を書いた後、夕飯の準備をしようと立ち上がってキッチンに向かったとき、思いっきりすっころんで足をひねりました。足がしびれていたのに、大丈夫、大丈夫と立ち上がったものの足のバランスを崩して、すってんころりん。

 

あっ、やっちゃったよって。

 

まさかね、自分がこんな簡単なことで転ぶなんて思ってもいなかった…。今までに経験したこともなかったので。

尋常じゃない痛みが押し寄せて、「痛い!痛い!」と叫び続けながらも、えっここでケガしたら仕事に行けなくなる、働けなくなる、また休みを取らなきゃいけない、職場に迷惑が掛かってしまう、困ったもんだと思いました。この間もインフルで休んだばかりなのに…。本当ドジで間抜けな私です…。

子どもたちに夕飯を作ってもらい、なんとか就寝したのは良かったのですが、足が痛くて眠ることができない。足をひねってすぐに氷水で冷やしてシップを貼ったのですが、痛くて痛くて夜中に何度も起きてしまいました。

▼朝になったら、こんなにはれ上がっていました

 

朝一番で整形外科に行ってレントゲンを撮ったら、足の指にヒビが入ってると言われました。もっと詳しい検査をしてみないとわからないとも。

 

足の指にヒビ?うそでしょ。

…。

 

軽くひねった捻挫だと思っていたので、予想よりもひどいケガと知りショック!!

 

▼病院でぐるぐる包帯を巻いてもらいました^^

 

40数年生きてきて骨折や捻挫なんて一度もしたことなかったのに。やっぱり年齢には勝てないのかな?

 

子どもたちと夫からは、「もう若くないんだから、注意しないと!!」言われる始末。子どもたちがやたらと親切で、夫は会社を遅刻してまで病院まで送迎してくれました。数週間働けそうにないので、職場にも迷惑かけて一体私は何やっているんだろう、、、と自己嫌悪。

最近白髪も目立ってきて、年齢を感じていたけれど、今までできたことが、だんだんとできなくなると自信をなくします。仕事でもね、たまに頭が回らなくなることがあります。やっぱり年齢のせいのかな?

 

私は若いじゃなくて、年齢を重ねてきたことを素直に認めなきゃいけない、無理な動作をしたらいけない、と身を持って実感しました。

健康な身体でいることは、とても素晴らしいことだと思います。身体だけでなく心も。今まで以上に、自分の身体に感謝しなきゃいけない、と深く思いました。

 

みなさんも私のようなドジを踏まないよう、注意してくださいね。