当たり前なんかじゃない!!家事ができる気力と体力があること

うつこころリンクユニット

今日は久しぶりに家のことを、たくさんできた一日でした。

最近、身体が疲れたり、子どもの行事で休日がつぶれたり、忙しくしていたので…。家の中を丸ごとキレイにしよう♪くらいの勢いで、洗濯に掃除に励んでいました。ちょうど思春期の子どもの相手をしてイライラすることがあったので、掃除して洗濯して身体を動かすことでイライラも解消できたこと。

家の中もきれいになってすっきり快適です♪部屋中雑巾がけして、ぴっかぴかです。

今日は決して無理して掃除や洗濯をしているわけでなく、身体を動かすと気持ちいい♪感覚が戻ってきたみたいでした^^

以前、うつとそうじ力と私の物欲の変化…でも書いたのですが、そうじすることは、メリットがたくさんだと思います。


100_0746 / misawakatsutoshi

30代後半になってから、やる気がなかったり家事をする元気がなかった…

30代後半から40代にかけて、何か理由があるわけでもないのに、家事をすることが億劫になることが多かったです。当時は専業主婦だったので、家事をさぼるわけにもいかず、子どもも小さく、子育てに忙しく疲れ切ってしまうこともありました。

原因は、家に引きこもりっぱなしでパソコンばかりしていたこと。運動不足であったこと。家にこもっていることで、ネガティブ思考になってしまっていたことだと思います。

家事ができるのは当たり前なことではない…

最近実践している感謝で引き寄せの実践ではないけれど、家事ができるくらい身体が元気なこと。身体を動かして気持ちいいと思えること。とてもありがたいことだな、と思います。

うつで家事ができなかったとき、どれだけしんどかったか。健康なときは家のことなんて簡単なこと、なんて思っていたけれど、実際に母親である自分が体調を崩すと家のことが全くできなくなる。家の中が荒れてくる。家の中が汚くなると、家族の心まで荒れてくる。家事ができない自分を責めたり、母親として何やっているんだろう…。と思ったことも多々ありました。

小さなことに感謝する心

少しだけ窓を開けて寝たせいか、今朝は鳥の鳴き声で目がさめました。スマホのアラームの音ではなく、鳥の鳴き声で起こされるなんて、なんて素晴らしいことなんだろう♪と思ったら、とっても幸せだなぁ、と感じました。

なかなか都会じゃ体験できないことです。

ここ1週間ほど、感謝で引き寄せの実践をさぼっていたので、また明日から楽しみながら、感謝して思考を現実にできるようやってみようと思います♪嫌なことも考えることで現実にしてしまうなら、その反対のいいことを考えて思考を現実にするのは簡単なこと。

そう思います。

本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする