母の100か日のお墓参りで思うこと…

うつこころリンクユニット

昨日は家族でドライブがてら私の両親のお墓参りに行ってきました。本当は私が一人で運転して、子ども二人を連れて行こうと思ったんですが、旦那も一緒についてきてくれることになりました^^一人で高速運転は不安だから、旦那が一緒に来てくれて安心しました。

雪が降らなくてほんと良かった♪

明日で母が亡くなってから、ちょうど100か日。100か日を兼ねてのお墓参りです。父が亡くなって、翌年に母が亡くなって、まだなんだか両親が亡くなってしまったなんて信じられない自分がいます。両親の死は特別なんでしょうね。両親が亡くなって時間が経つにつれて悲してたまらないと気があります。前を向かなきゃ、と思っても、両親と過ごした過去のことばかり思い出したり…。だから父と母の夢ばかり見るんでしょうね。

家にいたころは喧嘩したり反抗したり、迷惑ばかりかけてきた気がします。だけど大人になった今になると、自分はとっても愛されて育ったんだな、と実感します。

■お墓参りをして思ったこと

今の家族、旦那と子どもたち2人と過ごすのも、あと数年。あと数年で子どもたちは家から出ていくと思うし、私も旦那もどうなっているかわからない。まぁ、みんなで元気でいたいけれど。今、家族と過ごす幸せもずっと続くものではないんだろうし、毎日疲れて不満ばかり言わないように、今ある家族と過ごす幸せを大切にしていきたいな、と思いました。

みんな元気がいいね。もちろん、このブログに訪れてくださる方も。

本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする