子どもの親離れとさみしさと、私の心の沈み…

うつこころリンクユニット

先月は不調続きだったけど、月が替わってなんだか元気が出てきました。

理由がないのに心が沈んで元気が出なかったり、やる気が出なかったり。何しても楽しく感じないし、将来に対して悲観的になったり。理由もなく涙が出たり。このまま生きていてもいいことないのかな~、なんて思ったり。4月は子どもの学校関係の集まりがあって、役員を引き受けたり疲れていたんだと思います。


GREEN / “KIUKO”

先月は熊本の大震災もあったこともあり、ふとした瞬間に東日本大震災のことを思い出したりして。小さな地震でも、ちょっと揺れるだけで心臓がバクバクして怖くなったり。心が不安定でした。

ネットのうつチェックをすると、うつ気味の傾向がある、とどのサイトでも診断されたり。

やっぱり私、鬱っぽくなっているのかな?と思ったら、前にもこういうことがあったみたいです^^1年前も2年前の自分の過去ブログを読んだら、春先は調子が悪かったみたいです…。ちょっと安心しました。

不調になっても、夜しっかり眠れることができる、食欲があるうちは大丈夫、と自分に言い聞かせています。夜眠れなくなると危険信号です。夜寝ている間に精神的な疲れも解消するので、夜に眠れないと少しずつ毎日の疲れがたまっていきます。

不調だったのは、寂しさもあるのかな?上の子どもが高校生になって、手が離れてきたこと。高校に入るまではいろいろあって手がかかっていたのですが、高校生になって親離れしてきたようです。下の子どもも、だんだんと私の手を離れてきているし。子どもの手が離れたのは嬉しいことなんだけどね^^

40代になって身体が今までのように元気が出なかったり、疲れやすくなったり。子どもの手が離れて寂しく感じているのは私だけではないこと。体調も環境も、自分ばかりが辛いわけじゃないんだから、へこたれずに毎日を過ごしていこうと思います。

先のことを心配してもはじまらない。これから起こることなんて考えても仕方ないし、今をしっかり生きること。今が辛かったらゆるゆると過ごせばいい。ただそれだけです。心の沈みもお天気と一緒でずっと続かないから、そう思います。

本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする