毎日が不安でたまらない考えからの脱出方法…

不安でたまらないと考えるから、不安が不安を呼んでしまうこと

毎日不安でたまらない。うつで仕事はできないし。日によって体調が良くなったり、悪くなったり…。母親として子どものこともきちんと面倒見ることができない。子どもが学校から帰ってきても、ベッドの上で寝ていること多いこと。小学校の低学年の子どもが母親のことを気遣っていることが良くわかる。

旦那も私が寝てばかりいることでいい顔しないし、「せめて子どもが帰ってくるときぐらい、布団から出ていなきゃだめだよ。」なんて言われても、身体が辛くて簡単にはできない。

毎日が不安でたまらないこと、過去の私には日常的にありました。


Danbo has found a nice pillow for a nap / Takashi(aes256)

思い返すと、結婚した当初からストレスがたまって、結婚して楽しいというより、将来に対しての不安ばかり…。不安のない今から考えると、頭の中で不安だ、こんなことが起きちゃいやだ、今のままで生活できるのか?と将来に対してマイナスなことばかり考えていたので、思考が現実になったんだと思います。

こうなったらいやだな、と思うことが次々とやってきて、、、なんで私ってこんなに不幸なの?と嘆いていました。(泣)

思考が現実になること。頭の中で考えたことが本当になること。馬鹿な、そんなことあるわけない。頭で考えたことが本当になるなら、こんなに生きるのが辛いはずじゃない、以前の私もそう思っていました。

でも、今実際に頭の中で考えたことが本当になっているし、旦那の転職が成功したのも、長年のストレスだった身内の人間関係も、私の体調も、不仲だった家族の仲が良くなったのも、私がこうなったらいいな、と繰り返し、繰り返し、毎日頭の中で思い描いていたことが現実になっています♪うそのようだけど、本当の話です^^

頭の中で不安なことを考えて不安なことが現実になるのなら、反対のことをすれば自分がなりたい将来、こうなったらいいな?と思うことを現実にすることは簡単だと思います。逆のことをすればいいんだから。そんなこと言ったって難しいよ、と思うかもしれないけれど、不安なことは考えても仕方がないです。なるようになります。不安なことを考えて心が重くなるのなら、何も考えない。

不安なことを考えてしまうときは、心が疲れているときなのでゆっくり休む。

一日のうち、少しでもいいから、なりたい自分、自分の将来、こうなったらいいな♪と思うことを頭の中に思い描く。そんなに難しいことではありません。私がこの方法でうまくいったので、、、

過去に不安でたまらないことが嘘のように、今は不安なこともなく元気に毎日を過ごしています♪

こうして思考は現実になる

スポンサーリンク
アドセンス




アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス




コメント

  1. rose より:

    思考が現実になる、引き寄せの法則は読んだ事はありませんがわかる気がします。今、ネガティヴな事ばかり考えてしまっていて(考えてみると生理前の時期に毎月かなり不安定になり、対人関係も上手くいかないと思うので実際そうなったりします)、悪い方へと考えてばかりです。上手く対人関係も出来ないし、この時期は誰にも会いたくないです。この時期を過ぎれば、また気分も落ち着くのがいつものパターンですが、あまりに悲観的になるので医者を受診した方がよいのかもしれません。

    更年期と重なっているのかもしれません。以前の医者とは別のクリニックに行きたいのですが、また否定的な対応をされたらと思うと勇気が出ません。こころさんはもし合わないと思われたらどうされますか?

    • こころ より:

      >roseさん
      思考が現実になるのは、嘘のようで本当だと思います。生理前だとどうしてもネガティブになってしまうのもうなずけます。
      生理前は無理しない、こういう時期だからと割り切る。最低限のことしかしない。
      出かけなくてもいいのなら、家にいたり(仕事だと仕方がないのですが…)

      私の場合、どうしても辛くて仕方がないときは医者に行くと思います。
      メンタルクリニックの先生が合わなかったら、別の先生のところに行くと思います。
      メンタルクリニックじゃなかったのですが、評判の良い先生でも言い方がきつい主治医がいました。
      薬も自分に合っていたのですが、先生に何を言われるか考えると怖くなり医者を変えたことがあります。
      否定的な態度をとられるかは、実際に行かないとわからないし、
      今よりも少しでも状態が良くなることを考えて動いてみると思います。
      新しい医者にかかるということは、勇気がいると思うし、医者と患者の相性もあると思うので、、、
      roseさんの心が今よりも、少しでも良くなることを祈っています。

  2. rose より:

    お返事有難うございます。生理前の時期、ここ1年くらい、前はイライラが凄くPMSの症状がすごいので、かかりつけの婦人科でデパスを1日1錠出してもらった事が1、2度ありました。ここ最近の生理前は不安感と対人恐怖が酷く誰にも会いたくなくて会話が弾まないのが怖くて、どう思われるのかとかそんな事ばかり考えていて。
    何度もなんども、こころさんのブログを読み返して気持ちを落ち着かせようとしていました。40代後半なのて、うつというより更年期もあるのかもしれません。悲壮感と不安感が酷いです。
    心療内科は7年前、10年前に同じ所に数回行ったきりです。7年前に行った時に「同じ事を何度も繰り返し何を言ってるかわからない」みたいな事を言われ、その後は怖くてどちらのクリニックも行っていません。が、生理前と普段も以前より少し不安定ですので、思いきって新しい所に行ってこようと思います。
    こころさんの紹介された本も読みたいです。そうじ力や置かれた場所で咲きなさいなど。
    対人関係は正確もありますが、今はアドラーの法則をまた読み返しています。
    今のこころさんのようになりたい、なれると信じて今日も口角上げて行ってきます。