口コミで人気の休息サプリメント「ネムリス」を飲んでみた!!飲み方と体感…②

うつこころリンクユニット

天然素材を贅沢に配合♪特許取得の天然ハーブ素材ラフマ葉抽出成分配合の休息をサポートするサプリメント「ネムリス」。ネムリスをモニターとして飲み始めて一週間ほど経ちました。

▼今回モニターしている、お試し10日分のネムリスです。ネムリスお試し10日分。1890円。
20151208nemurisu2

しっかり熟睡できていますか?|ネムリス-nemlis

ネムリスで安眠できるようになるのか?

最近眠れない、ということはないけれど、睡眠の質が悪いこと。特に寝ても脳が休まっていないようで、夢ばかりみてしまいます。ネムリスに配合されているラフマ葉抽出エキス入りのサプリは以前他社の物を飲んだことがあること。ラフマが私に合っていたので、ネムリスも私に合うんだろう、、、と期待していました。

ネムリスの口コミ評判はネットでも好評ばかりだし、安眠できるようになった♪と言う声が多かったので、ネムリスでどれだけ熟睡できるようになるんだろう、と一日の終わりに6粒ずつ数日飲んでみました。

nemuris200151213-1

しかし、最初の一日はネムリスを飲んだ後、なぜか気持ちが悪くなります。次の日も、次の日も6粒飲んだのですが、どうしても気持ち悪くなります。口の中が気持ち悪いというか、ネムリスのサプリの味が合わないせいなのか?しかも安眠できない…。

ネムリスは私の体質にあわないのか…

ネムリスを飲んで気持ちが悪くなった、なんて口コミもネットを探しても見つからないし、私の体質に合わないのか?と半分諦めモードになっていました。

それでも商品を提供してもらいモニターしているので、途中でネムリスを飲むのをやめることもできない、と。試しにネムリスを飲む量を6粒の半分、3粒に変えてみました。するとネムリスを飲んでも気持ち悪くならない。ネムリスを3粒寝る前に飲んでみた初日、布団に入るのが12時を過ぎていたのにいつもよりも熟睡できました。次の日も同じように熟睡できる。嫌な夢も見ないし、明け方目が覚めることもなく朝まで熟睡できるのは嬉しいことです^^

子どもはなかなか薬が飲めない…

ストレスがあったり次の日に緊張することがあると、夜なかなか布団に入っても眠ることができない。なかなか寝付けない、中学生の子どもにもネムリスを飲ませてみました。受験のストレスで睡眠が浅く、夜はなかなか熟睡できないことが多い子どもです。子ども自身はネムリスを飲んだ初日はいつもよりは熟睡できた、そんな感じがする、と言っていました。子どもも私と同じくネムリスを6粒飲むと気持ち悪くなるらしいです。ネムリスは1日6粒が目安と聞きますが、体質によって個人差もあるので飲む粒の量は様子を見たほうがいいと思いました。

メンタルクリニックに行って眠れないということを相談したことがあったのですが、

「中学生の子どもは成長期だし薬を出すのは難しい。」

と、主治医に言われたことがあります。

サプリメントなので個人差もあるし、合う合わないもあると思います。それに体感も違うと思います。それでも、眠れない時にこういったサプリメントがある、という情報を知っているだけで、ちょっとだけ安心感があると思います。

nemuris200151213-2

睡眠導入剤を飲むのは抵抗がある

私が数年前にうつを発症したとき、睡眠導入剤を飲むのは抵抗がありました。一度飲んだらやめられなくなるじゃないかって。メンタルクリニックの先生に眠れないのは一番危険である。毎日眠れないでいると、疲れが蓄積していくこと。少しずつの疲れでも毎日、毎日、たまっていくことで疲れがどんどんたまっていく。寝る前にたった1粒の睡眠導入剤を飲んだのですが、それでも薬を飲むことに抵抗がありました。

結果的には睡眠導入剤を1日1粒飲んで熟睡できるようになったのですが、過去の私のように薬を飲むことに抵抗がある方もいらっしゃると思います。そんなとき、サプリメントの存在は大きいと思います。ネムリスは薬と違ってサプリメントなので長期間でも安心して飲めること。だけでなく、身体に必要な成分ビタミンまで配合されているので嬉しく感じます。

当たり前に布団に入ったら熟睡できること。眠ることができない、熟睡できないことで悩んだことは鬱になるまでは過去にありませんでした。実際に眠れないと本当に辛いです。朝スッキリ起きることができる。朝から身体が軽い、身体の疲れがとれている。睡眠をきちんととることができることが当たり前のようで難しいのかもしれません。眠れない時、そんなときネムリスを味方につけたいな、と思います。

初回限定お試しネムリス-nemlis

11種類の休息成分配合で毎日ぐっすり!|ネムリス-nemlis



本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする