最近、私がストレスを感じにくくなった理由…

うつこころリンクユニット

久しぶりに二度寝をしていました。

朝起きて、朝食を食べて洗濯機を回して、家事を済ませるぞ~、と思っていたんですが、

あとちょっと15分だけ寝よう♪とこたつに横になったら、いつの間にか爆睡…。

ほんと、こたつは人をダメにしますね。。。

↑と、こたつのせいにしている私です…。

最近、思うのが、心が軽くなってきて、毎日の生活が楽に感じること。

疲れたら疲れたっ、て言って、自分に素直になって休むし、

休んで元気が出たら、やるべきことを余計な事を考えないでやってみる。

うまくいかなかったり、失敗しても、

まっ、こういう時もある。と開き直ることができる。

(仕事でミスして、凹むことも多々あります。もともと完璧主義だから、周りが認めても自分が納得しないと、スッキリしないんです。ミスした自分を責めてしまったり…。)

まぁ、これが私の性格だから、責めすぎないようにしよう、と思っています。

最近特に変わったこと。

それは未来が明るい、と思うようになったのも、

自分の中の変化だと思います。

引っ越してきて環境が変わって、2011年に起きた震災でさらにストレスをうけ、

思うようにならない子育てでさらに疲れて、

仕事でさらに疲れて、

なんで自分ばかりこんなに疲れるんだろう、と思っていた。

周りが見えていない状態だったんですね。

それが最近は、引き寄せの法則関係の本を読んだおかげか、自然と考え方が前向きになれる。

以前は無理に前向きにならなきゃって思っていたけれど、今は違う。

自分の考えたことが、現実になると思うと、ちょっと明るいこと考えよう。

こうなりたいと思う事を考えようって思うし^^

昨日の記事にも書いた、ストレスを感じにくくなる方法

朝起きて、今日は素晴らしい日になると、口に出す。

ルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」を毎朝聴く。

(このほかにも、紹介されている曲はいくつかあります。)

毎朝、朝日に感謝する。

一日のはじまりの5分をいい気分にすることで、その日一日が変わってくる。

「こうして思考は現実になる2」の実験1の内容の一部なんですが、

最初はこんな簡単な事でストレスが減ったりするものか?と疑っていました。

こうして、思考は現実になる(2)

↑昨年購入した、こうして思考は現実になるの2巻です。

引き寄せの法則の実践版で、実際に簡単な実験をしながら思考を変えていく、

という本です。まだ半分ほどしか読んでいないのですが、興味深い本です^^

それでも、ものは試しでやってみると、本当にストレスが減っている気がします。

本の内容なので、あまり詳しくは書けないのですが

実験1の内容を実践すると、脳の構造が変わり、ドーパミン、セロトニン、オキシトシンなど

「幸せホルモン」と呼ぶべき、炭酸の自然なドラッグが脳内に分泌されるそうです^^

実際に私がやってみて、本当心が軽くなるし、ストレスを受けても今までにくらべて

立ち上がりが早くなるような気がするんです。

本当に不思議なんです^^

うつになった自分、今まで不幸思った自分が、自分の思考の力で

負のエネルギーを引き寄せているのなら、

今度は反対に、プラスのエネルギーを引き寄せることは、出来ると思います。

今までの考え方を変えるのは、時間がかかるかもしれないけれど、

やっと見る価値は十分にある、と信じています。

本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする