長年の辛さから解放された出来事…

うつこころリンクユニット

先日、心から嬉しいと思うことがありました。

今まで辛かった分、余計にそのことが嬉しくて、、、

嬉しすぎて泣いてしまったくらい…。


Happy nap / Takashi(aes256)

個人的なことなので、あまり詳しくは書けないのですが、、、

ずっと疎遠だった義理の家族。旦那の家族と数年ぶりに会うことができました。

うつの原因にもなった、結婚してからの出来事。

義理の家族とはある事情で、会うことができなかったんです。

ここ10年くらいかな。

私がどうしても、むこうの実家に行くことができなかった…。

義理の母親にも、私の子ども(孫)に生まれてから2、3回ほどしか会わせてあげることができなくて、、、

一番子どものかわいい時期、2、3歳の頃、幼稚園の頃、

私の実家に帰るたび、お義母さんもきっと孫に会いたいだろうな~、と思っていたんです。

でも、会うことができないから仕方がない。と割り切っていたんだけど、

いつも心の奥で悪いことをしている、という気持ちがありました。

私が旦那の家族と付き合えないので、旦那にも私の実家と付きあわなくてもいい、

みたいな感じがあって、お正月もお互いの実家に帰っていて、

結婚したことを後悔したり、今の状態を恨んだり、

心の中が、ずっともやもやしていました。

それが、やっと先日、あることがきっかけになって、

義理の家族と会えることができました。

私も、旦那も、嬉しくて泣いてしまったくらい。

私が義母さんに会えないより、お義母さんが孫に会うことができないのが、

辛くて、さみしいことだと思って。

なんでこんなことで泣くの?

なんて思うかもしれないけれど、今まで辛くて会えなかった事情があった分、

辛すぎる思いをしていただけ、お互いに会えたのが嬉しくて、

人に会えてこんなに嬉しい、と思ったことは人生はじめての事でした。

旦那の家族と会う、お義母さんと会うことは、何もなければ

当然の事だと思うし、ずっとあっていればいざこざがあったり、面倒に感じたり、

するのかもしれません…。

辛いことを経験した分、それが解消されたときの喜びは大きくて嬉しいものなんだ、

と思いました。

これも、思考の力なのかな?と思いました。

うつになる前、うつになったときは、人を恨んだり、

なんで自分だけこんなに辛い思いをしなきゃいけないのか?

旦那を恨んだりもしていました。(ごめんなさい…)

今は人を恨むこともないし、人を恨む時間、

人の事をぐちぐち言っている時間がもったいない。

と思っています。

些細な事が気になったり、ストレスになったり、

疲れてしまうときもあるけれどね^^

PS  最近、心が充電されてきたのかな?以前ほどストレスを感じにくくなり、

ブログを書く気力も出てきました。

なんでこんなに元気になったのか?多分、今実践している○○のおかげかも?

と思っています。

元気になった理由、このことについては、また記事にしますね。

本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする