調子の悪いときは薬の力をかりることも大切かも…

うつこころリンクユニット

洗濯ものを干すのが億劫。食事の後の食器の片づけが面倒。

お風呂に入るのが面倒くさい。顏を洗うのも、着替えるのも面倒…。

なにもかもやりたくない、やりたくない、面倒くさいのオンパレード。

(毎晩お風呂に入れなくて、いつも朝に入っていました。)

どうしようもないやる気のなさ、何かひとつやろうとすると、

泣きたいくらい辛くなる…。これはただ事じゃない、と思って、

夕方にメンタルクリニックに行ってきました。

うつの日内変動なのか、午後になると気持ちも上がってくるから、

まだ大丈夫、大丈夫と思っていたんだけど、このままいくと今までのウツの経験から、

大変な事になる、と思いました。

メンタルクリニックでも言われたんですが、知らず知らずのうちに頑張りすぎてしまったこと。

夏の疲れが出て気持ちが沈んでしまっていること。

うつの薬は減薬してたけれど、調子の悪いときは薬の力を借りて体調を整える。

また元気になってきたら、少しずつ薬を減らしていく。

暑いときは衣服を脱いで、寒いときには上着を着る、みたいな感じで、

薬の調整も必要、と主治医に言われました^^

薬はセディールから、トレドミンに変更されました。

実はセディールは飲んでも、飲まなくても、効いているか効いていないのか、

ほとんど変わりがないと言っていいほど、弱い薬のように感じていました。

トレドミンは、うつになってから数年飲み続けていた薬で、

私の体質に合っていたし、飲むと意欲が出てくる感じで、安心して飲んでいました。

だから、今回も薬がもとに戻って安心しています。

また来週には、前回よりもさらに大きな台風19号がやってくるって言います。

体調を崩さないように、ゆるゆると、無理しないように毎日を過ごそうと思います。



本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする