毎日が辛いのは、うつだけでなくHSPという気質だから?

うつこころリンクユニット

今日、昨日とパートの仕事がお休みなので、おうちでまったりしていました。

ちょっとは疲れがとれたんですが、まだ完全ではない感じ。

みなさんのコメントを読ませていただいて、心はほとんど回復しました。

ありがとうございます^^

明日の仕事を休んでしまおうかな?それとも頑張って行くべきなんだろうか?

なんて小さな事で悩んでいます。

最近のストレス(多分仕事だと思う)が限界に近づいてきて、

自分でも我慢ができない状態になっているのかもしれません…。

仕事そのものは好きだけど、どうしても人間関係で辛いものがある。

周りが仕事でイライラしたり、焦ったりすると、私も同調してしまってとっても疲れるんですよね。

職場の人間関係が悪いから、負のオーラもどんどん引き寄せている感じがするし、

家に帰ってくると、どっと疲れが押し寄せます。

ここで仕事をやめてしまうと、もう仕事に戻れないような気がする、、、

そんな気持ちもします。

でも頑張りすぎるのは良くないですよね…(汗

はじめて知った、HSPという言葉…

昨日のブログのコメントで、HSPという言葉を聞き、ちょっと調べてみました。

HSPとは、アメリカの心理学者エレイン・N.アーロン博士が提唱した新しい概念で、HSP(Highly Sensitive Person)
「過度に敏感過ぎる人」ということ、なんだそうです。

特徴は、感受性が強く繊細な神経をもち敏感。悪く言えば、気が小さく、引っ込み思案で、弱虫な気質。

良く言えば、他の人よりも敏感な事によく気がつき、共感力や想像力などがある。

試しにHSPの診断テストをしてみると、なんと80点。

旦那にずぼらだよね~。なんて言われていたけれど、私って繊細だったの?と、

ちょっと嬉しいような、複雑な気持ちです。

↓HSP診断テスト

繊細すぎて生きづらい!HSP診断

テストする中で思い当たるのは、

他人の行動や感情に振り回されるし、

小さなころから空想するのが好き。

大きな音が苦手だったり、殺人やグロテスクな映画が大嫌い。

小さなころから音楽が好きで、小学生の頃に好きだったのはシューベルト。

短時間にいろいろな事をやろうとするとパニックになったり、

ミスをしたり忘れ物をしたりしないように気を付けるのは、仕事でも良くあること。

仕事の際に監視されていると思うと、緊張して実力の半分も発揮できなくなる。

うんうん、当てはまるもの多いよね。

気が小さくて、小さなことでも気になってしまう自分の性格が嫌で、嫌でたまらなくて、大嫌い…。

社会に出てから、周囲との関係、周りに気を使いすぎて疲れたり、人と会うのは好きだけど、家に帰ってくるとどっと疲れが押し寄せたり、

仕事でも明らかに向こうが悪いのに、強い口調で物事を言われてしまうと、

私が悪いんじゃないか、とビクビクしてしまう。

夫婦の間でも、よくあります。

なんでこんなに生き方が不器用なんだろう、、、

もっと気楽に生きられたら、どんなに楽なんだろう、とずっと悩んでいたけれど、

HSPという遺伝特性なんだ、と考えたら、とっても心が楽になりました^^

生き辛い、小さな事にも反応してしまう、ストレスを感じやすい気質だけど、

周りの人を平気で傷つけてしまうより、ずっといいと思う。

無器用なわたしだけど、これが私だし、私の長所でもある。

だから自分に自信を持って、自分のペースで生きていこうと思います。

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (ソフトバンク文庫)

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (ソフトバンク文庫)

  • 作者:エレイン・N・アーロン,Elain N.Aron
  • 出版社:ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2008-03-18
本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろし より:

    こころさんへ

     ひろしです。試しに私もテスト受けました。50点です。特に、周囲に監視されていると感じると 力の半分も出せなくなる点です。
     この病気になる前は、会社で大した職責でもなかったのですが、自分が会社を回しているだという自負があり、周囲を気にせずガンガンと全体をリードしていたのですが、大抜擢の転勤で注目される立場になると、今まで持っていた力 の半分もだせなくなかったかな。小心者の小鹿です。