日常の小さなことが、とっても幸せに感じます…

今日は子どもの学校行事の日でした。

最近は学校に行くことも、人ごみの中に行くことも、人に会うことも、

全く怖くなくなりました。

1年前だったら、人の中に行くのが嫌だ、人の視線が気になる。

出かける前の日からビクビクしていて「明日無事に出かけることができるかな?本当に大丈夫かな?」

と、自分でもいやになるくらい思いつめていたし。

(買い物にひとりで行くこともできませんでした…)

ちょっと気持ちが落ちると、朝着ていく洋服が選べなくて、出かける時間ギリギリまで悩んでいて

このまま引きこもっていたい、と強く思うくらい外に出るのが嫌だった。

少しずつ外に出て、人と話す機会を作って、なるべく家にこもらないようにしていたら、

自然と人に会う自信もついてきたようです^^

うつって、人それぞれ症状違うし、環境も違うし、主治医に具合が悪いと行っても、

いついつになったら治る、とか、この症状がおさまる、とかわからないし、

不安で不安でたまらなくて、焦ってしまうこともありました。

うつの回復期で調子の波に一喜一憂して、治ると思ったらまた落ち込んで、揺り戻しがきて、

さらに辛くなって、自分を責めたり。

真剣に調子の波に付き合うのに疲れてしまって、もうなるようにしかない、

とある種の開き直りをしてから、随分と心が解放されて楽なったような気がします♪

心配していても治らないし、考え込んでいても治らないから、

それならちょっとでも自分の心が楽になるように、ゆったりと過ごしているのがいいと感じて。

今日、小学校で息子が一生懸命に演技をしている姿を見て、感動しました。

家ではダラダラと甘えて、言うことを聞かない、しっかり成長しているのかな、と母親として不安…

それでも学校ではお友達の中で、しっかり頑張っているんだなぁ、と思って。

子どもに元気のパワーをもらいました。


おひさまのスープ / amadeusrecord

子育ても、ウツも辛いときもあるけれど、すべてがみんな悪いことだけじゃないですね。

小さな出来事が、とっても幸せに感じる私です。

また揺り戻しがきても、なんとか乗り越えられる、そう信じています♪


本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なつこ より:

    私は今とても人に会うのが億劫に感じる時期になってます。

    もう人とともに生きてはいけないんじゃないかなって思ったけど、うつの症状の一つと思い少し不安が軽くなりました(^-^)

    今は一喜一憂してしまうし、気分の波に上手に付き合うことができないけど、少しずつ楽な考え方になれたらなぁって思います。

    それとこころさんは良くなっているみたいでよかったです(^-^)
    無理しすぎず過ごせますように。。☆

  2. kokoro より:

    >なつこさん
    そうそう、億劫感も、人に会うのも嫌に感じるのも症状のひとつです。
    健康な時じゃわからなかったけれど、
    人に会うのって気をつかったり、想像以上に疲れるんですよね。
    私も人に会うのが嫌でたまらなくて、
    しかも家族になかなか理解してもらえなくて、
    辛くてたまらない時期があったけれど、
    今ではなんとか人と会うことができてます。
    なつこさんも、私も、ちょっとでも自分の心を楽にして
    毎日を過ごせるようになるといいですね^^