今は比較的調子が良く、家事をこなしたり、身体を動かすことができるようになったんですが、

一年前の私は、今の半分いや、三分の一くらいしか動けなかったです…。

 

とにかく気持ちが沈んで、何もしたくなかった。

いつ鬱の波が襲ってくるかわからなかったから、動く事も怖かった。

 

ちょっと頑張れは動く事は出来たのかもしれないけれど、

心がどん底の暗闇に引きずりこまれるようなウツの波が心の底から怖かったので、

絶えずビクビクしていました。

 

今から思うと、心が完全に疲れていたんですね。

 

自分では何もしない、動いていないから休んでいるつもりでいても、

絶えず頭の中のおしゃべりは止まらなかったし。

頭の中で絶えず考え事をしていたので、脳が疲れ切っていた感じです。

 

 

回復してきた、今だから思えること

 

うつで気持ちが沈んで何もしたくないときは、頭をからっぽにして思いっきり休む。

これが一番だと思います。

 

でも、休んだからといって自分を責めない。

 

本当にもう、余計なことを考えずに徹底的に休むこと。

経験からいうと、何もできない自分にイライラしたり、休んでいると罪悪感を感じたりするんですが、

余計なことを考えないで十分に休むの方が、心の回復までの道のりが早くなるような気がします。

 

私の場合はちょっと辛いな、と感じていた時は無理しないで寝ます。

下手に動くと疲れがたまるし、気持ちが沈んでいるときに何かをしようと思ってもうまくいかないし。

(今まで焦って、焦って動いて何度失敗してきたことか…)

 

とりあえず、身体だけでなく、心も休ませる。

 

頭をからっぽにして休んでいると、心も少しずつ充電されてきます。

 

でも寝ることだけが、身体を休ませることじゃないです。

 

天気がいいのなら、ホットミルクを飲みながら、ぼ~っと、窓際でひなたぼっこをしてもいいし、

外に出る元気があれば、ちょっと歩いてみる。


ホットミルクとみたらし団子 / hot milk & dumplings / [puamelia]

 

家の中にこもっているより、外の空気を感じると気持ちいいかもしれません…。

(でも、したくない。と思ったら、無理にしようとしないでくださいね。)

 

私は昨年の今頃、何もしたくないときは、趣味の編み物をしていました。

頭をからっぽにできて、余計なことを考えないですむから、心地よかったです。

 

ストレスを感じないで、やってみようかな、と思えるなら動いてみるって感じです。

 

 

すると、ちょっと動いてみよう♪という気持ちが出てくるんですね。

 

動いてみよう♪という気持ちが出てこなかったら、布団の上でゴロゴロ休めばいいです。

 

頭が空になって、心が充電されると、少しずつ動けるようになってきます。

気持ちが沈むときは、無理しないのが一番です。

 

 

長い人生の中でも、突っ走る時期もあれば、休む時期もある。また頑張れるな、と思ったときに頑張ればいい。

 

心が回復してくれば、またやる気も自然と出てくるので、、、

たとえ、今辛くて気持ちが沈みっぱなしでも、やがて気持ちは上がってきます^^

 

と、うつの波がきて不安と焦りが止まらなかった、過去の自分にも伝えたいです。

 

PS  昨晩は子どものちょっとした行動でイライラしてしまい、夜の21時に寝てしまいました。

疲れがたまったのと、PMSのせいでイライラしていたのかもしれません…。

 

いつもよりも2時間以上早く寝たので、朝はスッキリ。

疲れたり、イライラしたときは休むのが一番だな、って思いました。

ウツになると疲れやすいから、毎日毎日疲れは貯めずに過ごしたいですね^^