今まで生きてきた中で、今の自然体の自分が一番好きです…

うつこころリンクユニット

最近、こうしてウツのブログを書いているとき、抗うつ薬と睡眠薬を飲む以外は、

ウツの事か頭から消えているようになりました。

身体の調子がいい、とか、今日はなんだか身体の調子が悪いとか、

意識しないようになったし。

毎日同じ時間に目が覚めて、朝食を食べる事ができる。

朝にだるさは残っていても、気持ちが凹むこともなくなってきています。


【一朵愛情】文;一心,圖;IVY / IVY-Shen

健康な人でも、日によっては身体の調子が悪いこともあるし、

調子が悪いからと言って、具合が悪いと身体の事ばかり気にかけていると、

余計調子が悪くなってしまうと思うんです。

余計な事は考えないようになる。

ここまでくるのに長かったです…

ウツになった当初は、うつ病の自分を受け入れることができなくて、

朝から気持ちが持ち上がらないこと。億劫さがのしかかってきて一生このままなのか。

私はダメな主婦なんだ。

行動的な周りの主婦の人たちが輝いて見えたり、何かあるたびに人と比較して落ち込んでいました。

今意識していることは、自分で自分を苦しめないこと。

とりあえず軽い気持ちでなんでもやってみる。辛いと思ったら無理せず10分でも30分でもいいから休む。

なんだかウツになる前よりも、生き方が楽になった感じです^^

うつになるということは、デメリットばかりに感じるけれど、

今の私は、こんなに気持ちが楽に過ごせるようになるなら、ウツになって良かった、

と、思います。

病気なって、自分の生き方を真剣に考え振り返ることもできたし、

家族に対する愛情も強くなったのは確かだし…

ウツの波は気まぐれだから、またいつ襲ってくるか分からないけれど、

波がきたら無理せず休めばいい。

もがかずに、自然に身を任せようと思います。

本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする