うつうつ気分よ飛んでけ~フライパンひとつで出来る、簡単ゴーヤ料理♪

最近、2日に1度庭で育てているゴーヤが収穫できます♪

自分で野菜を育てることは、楽しむこともできること。ゴーヤ(野菜)が成長する姿をみて自分も成長できる気がして、とっても嬉しいのです。

過去の家庭菜園は失敗続きだったので、余計にゴーヤ収穫が嬉しいのかもしれません(単純な管理人です)

今年作っているゴーヤは、沖縄島心ゴーヤと言って、ゴーヤの中でも白っぽく皮も柔らかくみずみずしいです。

家庭菜園ゴーヤ

今日のお昼ご飯は、ゴーヤと豆腐とひき肉を使ったカレー味のスープ風炒め物です。

とは言っても、作り方はとっても簡単です。

ゴーヤを薄くスライスして塩抜きして、木綿豆腐をレンジで水切り。後はひき肉、にんじんの細切り、ゴーヤ、水きりした木綿豆腐を加えて、

塩コショウと、水少量と、カレーのルーをひとかけら入れただけ。

ゴーヤ料理

半熟に焼いた目玉焼きを、ゴーヤと豆腐とひき肉を使ったカレー味のスープ風炒め物の上に乗せて食べたら、とろとろの卵がゴーヤの苦みを打ち消してくれるようで、味がマイルドになり、おいしかったです♪

うつになってから、フライパン1つでできる炒め物の料理が多いです。野菜を切って炒めるだけ。

凝った料理は作れないけれど、フライパンひとつでも簡単な料理でも、作れることができるのは嬉しく感じます。

本当にうつでしんどいときは、キッチンに足すら踏み入れたくないので…。

「料理はうつのリハビリにもいい」と聞いたことがあるので、なんとか料理が作れそうなときは、出来るだけ楽しい気持ちになるように心がけています。

(とは言っても、子どもが喧嘩したり、ちょっとした事がストレスになって、イライラしてしまう日もあるんですが…)

ちょっとだけ、心がけてみるだけでも、気持ちの持ちようが違うような気がします^^

できるときは身体が動く事に感謝して、動けそうにないときはゆっくり休む。最近、うつとの付き合い方がうまくなった気がします。無理にウツをなおそうとしなくても、今のままでいいやって。

ちょっと調子がでないくらいの方が、頑張りすぎなくて、心に負担をかけすぎなくて良いのかも…。

40代になって、こんな風に考えられるなんて、ちょっとは成長したのかな?

スポンサーリンク
アドセンス




アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス