うつ病でやる気がでない悩み…

うつ病になって、一番辛く感じたのがやる気が出ないこと。

(理由は、脳が疲れていることと。ただ行動することそのものに、自信がなくなっていること。)

抗うつ薬を飲んで、うつの症状が少しずつ和らいできて、調子の波はあるけれど、なんとか洗濯や掃除、簡単な料理はできるようになってきました。

家族から見ても、回復してきていると思っていたようなのですが、一番辛く感じたのがやる気が出ない悩みでした。

調子が良いときは、深く考えず動けるんですが、波がきてちょっと調子が悪くなると何もしたくなくなる。例えば、パソコンを立ち上げてメールをチェックする、メールの返信をする、ブログを更新するといった簡単なことが、とっても難しく思えてしまっていました。

やる気のなさも、段階があって、

①全くダメ、うごくのすらいや、本当に何もしたくない

②動けるかもしれない、でもやる気がおきない

といった感じで、①の場合は、ただ単に疲れているので、昼寝をしたり、早めに休むことで疲れがとれれば動けるようになりました。

ただ②の場合は、やろうとは思うけれど、動くのが億劫に感じてしまう。小さな行動ひとつが、とっても難しい事のように感じてしまうんですね。

うつの底期の方なら、焦らずゆっくりするのが一番なんですが、夜も眠れて、少しずつ元気になってきたなら、ちょっとは動いてみる努力は必要だと思いました。

管理人の場合、抗うつ薬を飲んで6か月程して、症状安定してきたのに、やる気がないことに悩んでいて、

やる気が出てくるまで、努力もせず、ず~っと待ち続けていました。

抗うつ薬を飲んでいれば、いつかバリバリとやる気が出てくるだろうと思って^^

今から考えると、知らないとはいえ、何やっていたんだろう、と思います。

健康な人でも、その日によってやる気が出なかったり、やる気があったりするように、やる気は、行動してからついてくるもの、と認知療法の本で知りました。

なんだかやる気が起きないけれど、ちょっと小さな事をやってみる。すると、難しいと思ったことが簡単にできていた。

↓ 自分にもできるんだ、という自信がつく

さらにやってみよう、という気持ちが沸いてくる♪

そうやって、やる気に対する不安と、自分への自信が少しずつついてきました。

ただ、実際に動いてみて、どうしても辛い、調子が良くない、ということもあります。

そういうときは、もう無理しないで、今は休むときと割り切ることも大切かな、と感じます。

うつ病の億劫感は、症状の最後までついて回ると聞きます。健康な人と比べれば、行動に制限があったり、時間がかかってしまうかもしれません。それでも諦めずに出来ることを、ひとつひとつこなしていけば、少しずつ自信がついていきます。

うつ病は人によって症状はそれぞれですが、時間はかかっても、ゆっくりゆっくりと回復してきます。だから心配しなくても大丈夫、そう思います。

※やる気が出てきたときに注意しなければいけないことは、決して頑張りすぎないこと。気力はついてくると今まで動けなかった分うれしくて頑張りすぎてまうこと。すると調子を崩す原因になりかねません。うつで行動力が落ちていた分、体力が落ちていることがあります。

管理人は、頑張りすぎて調子を崩すことがしばしばありました。みなさんも注意してくださいね。

ぽちっと応援お願いします♪

参加しています^^
応援していただけると飛び上がって喜びます♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ
にほんブログ村

本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする