わかっていてもやめられない「うつ病のぐるぐる思考」

うつこころリンクユニット

うつ病の症状が出てから、なかなか抜け出せなかったのが、

うつ病のぐるぐる思考です

うつ病で心のエネルギーがなくなっているので、何かをしようという意欲もなくなっているのに、心はゆううつで、マイナスなことばかり考えてしまいます。

抗うつ薬を飲んでいて調子が良い日は、

今は、調子が悪いけれど、ゆっくり少しずつできることをやっていれば、きっと良くなる♪

今は働けれないけれど、焦らないで治療に専念して、元気になってからまた働きだせばいい。

なんて、思うのですが、

頑張り過ぎたり、前の日に良く眠れなかったり、疲れている日は、

このままじゃだめだ、なんとかしなきゃ、家計がなりたたない

どうしよう、どうしよう、何かしなければ、

↓  考えれば考えるほど深みにはまっていき、

でも、頑張れない。何をしたら良いかわからない

それでも頑張るしかない

昼間から寝ているなんて、なんて自分は怠け者なんだ

やらなきゃいけないことがある、先延ばししたら後が大変だ

辛い、休みたい、

どうしよう、どうしよう

焦って何かをしようとしても、すべて空回りしてしまう

と、すっかり、ぐるぐる思考のワナにおちいってしまいます。

うつで心のエネルギーがなくなっているので、気持ちに余裕がなくなり、考えれば考えるほど、負のスパイラルにはまってしまって、

自分で自分を追い込んでいる状態になることがしばしばあります。

抗うつ薬を飲んで治療をしていても、ストレスや日常生活の変化や、季節の変化、天候にもよって、たびたびぐるぐる思考におちいることがありました。

考え方がマイナス思考になってきた、考えても考えても、マイナス思考になってしまう。

ぐるぐる思考に陥ったときに、管理人がやっていたことは、

とりあえず、寝ること

ぐるぐる思考にはまってしまうときは、ほとんど疲れていることが多いです。

悩んで考えて、すぐに問題が解決するなら、いくら考えても良いけれど、実際は悩んだところで、何も解決にはなりません。

うつ病の治療で大切なのは、ストレスをためないように、ゆったり過ごすこと。

ぐるぐる思考に入っているな、と感じたら、いつもより早めに寝たり、寝ることができないときは、ベッドに横になり、心が休まるアルファ波のオルゴールを聴くこと。

寝る前に音楽を聴くと、余計な事を考えないですむので、心がとっても楽でした^^

熟睡できなくても、意識して心に負担をかけないよう、ゆっくり過ごすようにすると、少しずつ気持ちもあがってきます。

ぐるぐる思考がはじまったら、心が疲れている合図、だと思って、ゆったりと過ごしてみてくださいね。

本文下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする